カシミヤストール通販のリティ

おすすめRECOMMENDED

Lity&co.についてカシミヤストール通販ならLity&co.

Lity&co.はカシミヤストール専門店です。様々なデザイン、色、素材のカシミヤストールを扱っています。ストールは女性のファッションでメリハリを出すためにとても大切です。そしてカシミヤは大人の女性にふさわしい上品な雰囲気を醸し出します。メリハリがつけやすく、上品。それが「カシミヤストール」です。

Lity&co.の商品はすべてインド産で、品質が良いだけでなく、商品の背景にもこだわり、環境を大切にし、動物に優しく、そして伝統的な手法によって生産されています。

 

カシミヤって何?他の素材にはどう違うの?カシミヤストール通販ならLity&co.

カシミヤとは、カシミヤ山羊の毛で作った毛織物の総称です。薄地で軽く柔らかいで触り、ツヤのある光沢が美しく、保湿・保温性に優れていることが特徴です。

 

カシミヤ山羊は、インドのカシミール地方が発祥の血です。カシミール地方はインド北部の標高8,000m級のカラコルム山脈がある寒冷な高山地帯であり、厳しい冬と、インド特有のカラッとした暑さを一年を通して繰り返す地域です。カシミール地方に住むカシミヤ山羊は、厳しい冬を暖かい毛で生き延びる必要がありました。そのため、表面の毛はゴワゴワとした毛で、その内側を極めて細いうぶ毛で覆いました。この細いうぶ毛が「カシミヤ」です。

 

この細いうぶ毛は山羊一頭から200g程度しか取れず、その細さは品質の高いものだと15μmになります。一本の毛が細ければ細いほど、面積あたりの表面積が大きくなり、暖かい空気を保持しやすくなります。このためカシミヤ山羊はうぶ毛をなるべく細くなるように進化してきたのです。そしてその毛をカシミヤとして繊維にしてストールにすることで、カシミヤの特徴である「薄地で軽く柔らかいで触り、ツヤのある光沢が美しく、保湿・保温性に優れている」を得ることが出来ます。

 

カシミヤって一種類なの?カシミヤストール通販ならLity&co.

カシミヤ山羊と言っても、世界中には幾つかの種類のカシミヤ山羊が生息しています。代表的なのは中国やモンゴルにいるモンゴリアンカシミヤヤギで、世界中のカシミヤ需要の大半は、このカシミヤヤギから取れるカシミヤで賄われています。人工的な品種改良により、寒冷な土地じゃなくてもカシミヤの毛が生えるようにし、大量生産に対応しています。オーストラリアやニュージーランドに生息するオーストラリアンカシミヤヤギ、このヤギのカシミヤは軽さや細さよりも丈夫さに特徴があり、フリースなどに用いられることが多いです。

 

そしてカシミール地方に暮らすチャンタギカシミヤヤギ。カシミヤ山羊のオリジナルであり、最も過酷な環境に暮らすカシミヤ山羊のカシミヤの毛の細さは一番です。ただし頭数が少なく、大量生産する必要のある大企業では扱われていないため、市場にもあまり出ていません。Lity&co.のカシミヤストールはこのチャンタギカシミヤヤギの毛を使用しております。

 

素材別にみるLity&co.のストールカシミヤ100%ならLity&co.

カシミヤ100%

カシミヤのみを使った贅沢なストール。その手触り、軽さ、滑らかさは最高級品。ベースとなるカシミヤの毛には「ホワイト」と「アイボリー」があり、染めたい色によってベースを変えています。

>> カシミヤ100%のストールを見る

 

カシミヤ70% & シルク30%

横糸にカシミヤ繊維を、縦糸にシルク繊維を使ったストール。カシミヤの軽さ、滑らかさはそのままに、シルクの光沢があることが特徴。

>> カシミヤ70% シルク30%のストールを見る

 

カシミヤ50% & シルク50%

カシミヤとシルクを混紡し、カシミヤとシルクの短所を補い合うために開発。上品さとエレガントさを兼ね揃えた雰囲気を持つ。

>> カシミヤ50% シルク50%のストールを見る

 

カシミヤ20% & モダール80%

カシミヤとモダールの混紡繊維。モダールとの混紡により、発色性が向上。よりデザイン性の高い、手触りはそのままのカシミヤストールを。

>> カシミヤ20% モダール80%のストールを見る

 

カシミヤ10% & ウール90%

カシミヤを混紡することにより、ウールの暖かさを持ちながら、抜群の肌さわりを実現。

>> カシミヤ10% ウール90%のストールを見る

 

ストールの種類って?大判カシミヤストールならLity&co

ストールの形は、長方形型(ショール型)、正方形型、大判型、マフラー型に大別することができます。

 

長方形型

一巻きサイズ。軽く巻き、異素材や織り方をミックスしたり、デザインで遊んだりと、多少アレンジできます。

 

正方形型

三角形にして折って使うのが一般的で、首元につけたり頭に巻いたりしてエレガントな雰囲気を演出できます。

 

大判型

体がすっぽり覆えるほどの大きさで、グルグル巻いて首元にボリュームを作ったり、垂らしてV字シルエットを作ったり、
またはデザインで甘さや辛さを足したりすることができます。最も遊び心に溢れたストールと言えます。

Lity&coのストールは大判型をメインに扱っております。

 

マフラー

分厚く、単純に首に巻くことで、お洒落よりは暖かさを優先した作りになっています。サイズとしては長方形型とほぼ同じです。

 

カシミヤストールの巻き方、押さえておきたい基本ストールで細く見せよう Lity&co.

カシミヤストールは薄く軽い生地であるため、長方形型やマフラー型は向いておらず、基本的には大判型ストールとして使用されています。大判型の巻き方は本当にたくさんあり、巻き方1つ、同じ巻き方でも柄の見え方の違いで、その雰囲気を変えることが出来る魅力があります。

 

巻き方のコツはまず「どんなシルエットにしたいか」をイメージすることが大切です。お洒落の基本は「メリハリ」です。メリハリとは、形のみで言えば「どこを細く見せるか」です。首元にボリュームを持たせるか、V字、X字、I字、どのシルエットを作るか。それに応じて、

  • ボリューム巻き
  • ベルト留め
  • アフガン巻き
  • リング留め
  • 片リボン巻き
  • エディター巻き
  • シェル巻き
  • シンプルノット巻き
  • ポンチョ風
  • 洋服風巻き

などなど、様々な巻き方を試し、理想の「メリハリ」を作ります。巻き方によって雰囲気を変えるのがストールですので、一概には言えませんが、ストールの巻き方で下記のような「メリハリ」を持たすことができます。

ボリューム巻き/アフガン巻き
顔を細く、小さく見せる
ベルト留め・リング留め
ウエストにくびれを作ってX字のシルエットを作る
リング留め/方リボン巻き
斜めのシルエットを作り、体の厚みを細くする。
エディター巻き/シンプルノット巻き/一巻き
首を細くみせ、縦にシルエットを伸ばす
ポンチョ風/洋服風
下半身を細く見せる

 

ボリューム巻き

 

 

ベルト留め

 

 

シンプルノット巻き

 

 

洋服風巻き

 

 

カシミヤストールの手入れの仕方は?洗濯は手洗いで Lity&co

カシミヤはとても繊細な繊維です。できれば、使用毎に簡単にブラシ掛け、シワ伸ばしをし、たまにのお手入れで洗濯をしてあげましょう。

 

ブラシ掛け

カシミヤの繊維強度は弱いため、ブラシは表面を撫でてホコリを取るくらいで大丈夫です。ただしブラシは馬の毛を使ったブラシを使用しましょう。豚の毛だとちょっとだけ硬いので馬の毛を使ったものがオススメです。

 

シワ取り

カシミヤは水に弱い繊維です、霧吹きで直接濡らしたりせず、スチームアイロンを少し離れた位置から当ててあげるだけで十分シワが取れます。またこのシワ取りで、汗の成分もある程度覗くことができます。

 

洗濯

洗濯は手洗いで行いましょう。まず、中性洗剤を30度くらいのぬるま湯に溶かし、カシミヤを畳んでお湯に沈めます。色落ちしやすいカシミヤでなければ、お湯に沈め、取り出し、また沈める、を何回が繰り返します。
中性洗剤の入ったお湯を捨て、ただの30度のお湯を用意し、そこで同じように沈めて取り出すの繰り返します。脱水は、洗濯機の脱水機能を30秒だけ使って脱水し、日陰ぼしをして乾かしましょう。

 

シミ抜き

色落ちしないか確かめてから行ってください。シミの部分をタオルの上に置き、中性洗剤と消毒用エタノールを少量混ぜたものをシミの部分に塗り、シミになじませます。40度のお湯でシミの部分を丁寧に洗い流し、通常の「洗濯」を行います。

知っておきたい、カシミヤを取り巻く問題たちカシミヤストール通販ならLity&co.

カシミヤ山羊を育てる上で問題になっていることが「砂漠化」と「カシミヤ山羊工場」です。どちらも中国とモンゴルで起きており、大変な数のカシミヤ山羊を飼育するために起きている問題です。

 

砂漠化

カシミヤ山羊は餌となる植物を根ごと食べてしまいます。数が少なければそれでも植物の数の方が圧倒的増えやすいので問題ないのですが、カシミヤ山羊が多すぎると、植物が増えるより食べられる速度の方が早くなり、植物の数がどんどん減っていきます。2005年、中国とモンゴルが放牧で育てるカシミヤ山羊の数が、植物が増える速度を超えてしまったことが確認されており、その状況は今も変わっていません。そのため、放牧地の砂漠化が深刻になっており、日本にも黄砂として悪影響が出てきています。

 

カシミヤ山羊工場

中国とモンゴルで放牧以外にカシミヤ山羊を育てる方法が「カシミヤ山羊工場」です。カシミヤ山羊を狭い区画に閉じ込め、餌を与え、毛が生えたら刈り取ります。非常にストレスの高い方法で、カシミヤ山羊の寿命も短く、世界の動物愛護団体からは非難を浴びている方法です。

 

最後に、Lity&co.が動物と環境に優しい理由カシミヤストール通販ならLity&co.

Lity&co.のカシミヤストールはインドのカシミール地方で取れる大変希少なカシミヤを使用してストールを作っています。インドの作り方は伝統的な方法で、夏の生え変わりを待ってカシミヤの毛を集め、織り機で1つずつストールを作っているため、大変非効率です。そのため作れる数に限りがあり、売り切れもよくあります。

Lity&co.は動物にも環境にも優しい企業でありたいと考えています。非効率だけど伝統的、それがLity&co.のカシミヤストールです。