春夏ストールファッションの素敵な羽織りコーデ4選

春夏ストールファッションの素敵な羽織りコーデ4選カシミヤストール専門店 Lity&co

ストールを使うのは秋冬だけだと思っていませんか?ストールは春夏も活躍してくれるアイテムです。

 

いつものファッションにプラスすることで雰囲気がガラリと変わるストールコーデは、春夏だって積極的に取り入れたいものですよね。今回はそんな春夏におすすめの羽織りコーデを紹介します。

 

 

春ストールのおすすめの羽織り方

春夏におすすめなのは、やはり薄手の大判ストールです。

春先のまだ肌寒い時期であれば薄手のカシミヤやシルク、強くなってくる紫外線から肌を守るための日除けにはコットン素材が良いでしょう。カシミヤ&シルクで素材が混紡されたものもおすすめです。

 

今回は春と夏で、いつものコーデにプラスするだけで女らしさがアップする羽織り方を紹介したいと思います。

 

ストールは首に巻かず、さらりと前に垂らすだけでもおしゃれに使えるアイテムです。巻かないことで縦ラインを強調できるので、すっきりとしたシルエットになるのもポイントです。

 

爽やかな薄いグレーは定番色ですが、どんな洋服にも合いますし、暖かくなってくる春先には重くならずに使えるでしょう。白×グレーにまとめると大人っぽく、オフィススタイルとして取り入れるのもおすすめです。

 

結ぶアレンジをする場合、春は秋冬よりも結び目を下げて首元を見せるのがポイントです。首元を締めてしまうよりも、リラックス感が出て、一段上のこなれた雰囲気が出ますよね。

 

大判ストールを使うことで肩周りは華奢見えにもなりますし、窮屈感な雰囲気を持たないアレンジなので休日コーデとしても優秀です。

 

白シャツや7部丈のトップスと相性が良いので、いつものコーデに物足りなさを感じた時にも試してみてください。

 

 

夏ストールのおすすめの羽織り方

意外に思うかもしれませんが、ストールは夏にも活躍するアイテムです。Tシャツの上にさらっと羽織るだけで日除けになりますし、オフィスだけではなくスーパーやデパートの中では防寒アイテムとして重宝します。

 

夏ストールはやっぱり白やブルーなどの爽やかな色を選ぶのがポイントです。色を選ぶことで涼しげな印象を与えるで、暑苦しさを感じさせません。シンプルなシャツはもちろん、マキシワンピなどに合わせてもかわいいですよ。

 

日焼け止めを塗り忘れることが多い首後ろの紫外線ケアにも、実はとっても有効なんです。

 

オシャレ上級者にはネクタイ結びもおすすめです。夏は首元を緩めて使いたいので、そんな時にはぴったりのアレンジです。

 

薄いグリーンのグラデーションがあるストールは、差し色としても優秀ですし、日差しの強い日中でも涼しげな印象を与えます。カジュアルなボーダートップスとも相性が良いですし、柄物にプラスしてもしっくりくるのでぜひ試してみてください。

 

 

春夏ストールは遊べるコーデがたくさん!

秋冬とは違い、春夏は全体的に明るく華やかなコーデになります。そのため「少し派手かな?」と思うような柄であっても着こなしやすくなりますよね。

 

モノトーンでシックにまとめるのも良いですが、遊び心のある柄物もきっちりまとまって見えるので、コーデにもどんどん取り入れてみてはいかがでしょう?

 

 

春夏・素敵な羽織りコーデまとめ

日本の夏は湿度が高いので、外でストールを使うことはまれかもしれません。しかし、ひとたび室内に入ってしまうと肌寒く感じることは多いですよね。

 

オフィスはもちろん、買い物や食事でもストールを1枚バッグに入れておくととっても便利です。薄手のストールは畳んでしまえば驚くほど荷物にならないので、そんな部分もメリットですよね。春夏にストールを使ってみたい方はぜひ参考にしてみてください。