ストールサイズの選び方|正方形などさまざまなサイズ

ストールサイズの選び方|正方形などさまざまなサイズカシミヤストール専門店 Lity&co

ストールは1年中活躍するアイテムですし、普段の服装にプラスすることで雰囲気を変えることができるアイテムです。しかしその分バリエーションが豊富なので、どんなものを選ぶのが良いのか迷ってしまうこともあると思います。そこで今回は、ストールの選び方の基本であるサイズから紹介したいと思います。

 

ストールの基本サイズ

ストールはマフラーに比べると素材やサイズのバリエーションが豊富で、季節によって使い分けたり、シーンによって使い分けるアイテムです。

 

一般的なストールサイズ

ストールサイズはマフラーよりも大きめで、だいたい180×45(cm)が基本になっています。女性の場合でしたら時に、肩から二の腕が隠せるほどのサイズになっています。コットンやリネンのストールに多いサイズで、防寒よりもファッション性が高いものが多いのが特徴です。

 

大判ストールサイズ

大判サイズになると200×70(cm)になり、広げるとかなり大きな印象を持ちます。首に巻くとボリュームが出るタイプで、広げて羽織ると背中、腕まですっぽりと覆うことができるサイズです。

 

身長156cmのモデルさんにストールを持ってもらうと、その大きさがわかると思います。両手を広げたよりもストールの横幅は大きくなります。(写真ストールは透け感のあるカシミヤ100%ストールを使用しています)

 

大判ストール(200×70)を首にかけると、女性の場合、長さは太ももの真ん中あたりになります。

 

上記と同じストールを首に1周巻くと、写真のような長さになります。透け感のある薄手のカシミヤストールですが、大判のため首元にはこれくらいのボリュームを感じられます。

 

正方形のストール・スカーフ

ストールの中には140×140(cm)などの正方形をしているものもあります。大きなスカーフのような扱いで、首にかけたり羽織ったりというイメージ使いではなく、エディター巻きやアフガン巻きなどのアレンジ向きのストールになっています。

 

 

サイズの選び方・本当に使いやすいストールは?

一般的なストールサイズ(180×45)は、それほどボリュームが出ないので春夏でも使いやすいサイズです。持ち歩きにも適していますよね。しかしボリュームがない分、首に巻いた時に物足りなさを感じるかもしれません。そのためアレンジ向きのサイズと言えるでしょう。

 

大判サイズ(200×70)の場合、首に1周巻いただけでボリュームが出るので秋冬の防寒になりますし、肩に羽織ることもできるのでアレンジが苦手な人にもおすすめできるサイズです。難しいアレンジは苦手な方には大判サイズをおすすめします。

 

 

首にかけた時のストールの雰囲気を簡単に変える方法

ストールはアレンジはもちろんですが、首にかけるだけの方法でも、そのやり方によって抱く印象が変わるアイテムです。

 

たとえばこちら。

ストールの端を揃えた状態で首にかけています。きれいめな印象が強く出ると思います。

 

こちらはストールを折らず、ストールの先の長さを揃えずに首にかけた状態です。カジュアルな印象を抱きますが、同時に大人っぽくこなれた印象を与えます。

 

まったく同じストールを使っていても、ストールの先を揃えるのか、揃えないのかで印象がだいぶ変わることがわかりますよね。キレイめに着こなしたい時はストールの端を揃えて、カジュアル感を出したい時はストールの先が不揃いになるように掛けてみてください。たったこれだけでも、いつもと印象を変えることができるでしょう。

 

 

ストールサイズの選び方・まとめ

ストールには様々なサイズがあるので、色や素材だけではなくサイズをチェックするのは選び方のポイントです。しかし小さなサイズや正方形はアレンジ向けの要素が強く、大判サイズはアレンジをしない初心者でも使いこなせるサイズになります。ストール選びで迷った場合は参考にしてみてください。