無地の薄手ストール巻き方とコーデ術

無地の薄手ストール巻き方とコーデ術カシミヤストール専門店 Lity&co

シンプルな無地ストールは肌寒い時はもちろん、コーデが物足りなくい時の差し色として使えるのでとっても便利ですよね。シンプルな無地だからこそ、きれいめからカジュアルまで幅広くコーデできるので一枚あると重宝します。そこで無地ストールのいろいろな使い方と、巻いた時の印象について紹介したいと思います。

 

定番の白・ホワイトストール

清楚なホワイトストールは人気の定番色です。白はオンオフを選ばず使えるアイテムで、さらに結婚式などのフォーマルの場でも活躍するので1枚あると重宝しますよね。

 

明るい白はハイライトとしての効果があるので、首元に巻くことで顔色をワントーン明るく見せてくれます。

 

秋冬使いとしては清楚な印象があり、きれいめファッションに良く似合います。軽やかで涼しげなので春から夏にかけても人気の色になっています。

 

 

定番の黒・ブラックストール

シックな黒(ブラック)ストールは、ホワイトと並ぶ人気の定番色です。万能の色とも呼ばれる黒は、きれいめファッションからカジュアルまで幅広く使うことができます。

 

白のニット、カーキ、ボーダー、柄ものなど、全てに合わせることができて、首に差し色として使うことで落ち着いた印象を与えます。 バッグなどの小物と色を揃えてもかわいく上品にまとまりますよ。

 

カジュアルなジャケットを合わせても大人可愛いスタイルにまとまるので、人気の定番色はやっぱり優秀ですよね。明るい色のセーターやジャケットにも良く似合うので、秋冬には重宝する色です。

 

 

ブルー(ネイビー)ストール

深い青色をしたストールは、ナイトブルーと呼ばれることもありますし、ネイビーや藍色とも呼ばれる定番色です。大人っぽく上品で、カジュアルに結んでもどこか品の良さを感じさせる特別な色です。

 

派手な色ではありませんが主役としても使える色なので、シンプルな洋服にもよく似合います。春先には定番のベージュのトレンチコートともとても相性の良い色のストールです。

 

ナイトブルーはアレンジ巻きをしてももちろん可愛いですが、簡単にシンブルループで首に巻くだけでも品良く見せてくれます。ウールやコットン素材も良いですが、ナイトブルー(ネイビー)を選ぶのならやはり品の良いカシミヤやシルクのものをおすすめします。

 

 

イエローゴールド(マスタード)ストール

差し色として大活躍するイエローゴールドのストールです。からし色、マスタードとも呼ばれることがあります。

 

明るいけれどピリッとした渋さがあるので、マンネリしがちなコーデのアクセントとして使えます。上品にまとめるのも良いですし、カジュアルの中に差し込んでおじカワイイスタイルにまとめるのも良いでしょう。

 

敬老の日におばあちゃんへのプレゼントとしてもおすすめできる色合いです。

 

 

イエローゴールドは巻き方によって印象がだいぶ変わるため、持ち主の個性を活かしたスタイルが楽しめます。

 

 

無地ストールで雰囲気を変えてみよう

ストールが1枚首元にあるだけで、首元だけではなく全体から受ける印象が変わりますよね。1枚のストールで全体の印象がワンラククもツーランクもあがるので、ストールは上手に使っていきたいアイテムです。

 

中でも無地ストールはアレンジが難しくなく、どんな洋服にも合わせやすいのが特徴です。

 

また、毎日使うバッグにちょっと飽きたな…という時はストールをinするだけで、バッグの印象がガラリと新鮮に見えますよ。バッグにプラスするだけの簡単アレンジも楽しめます。

 

 

どんなストールを選んで良いかわからない方はまず定番の無地から選んでみるのはどうでしょう。もちろん手持ちのストールが少なくても、巻き方を変えるだけで雰囲気が変わるのでぜひ挑戦してみてください。