ストールを洋服のように羽織るアレンジ巻き方

ストールを洋服のように羽織るアレンジ巻き方カシミヤストール専門店 Lity&co

大判ストールは首に巻くだけの使い道ではありませんよね。決まった使い方がなく、自由に遊べるところがストールの良さであり醍醐味です。そこで今回は、ストールを洋服のように羽織るアレンジを紹介したいと思います。

 

ストールに+ベルトで基本アレンジ

まずは基本のベルトアレンジから。

ストールを羽織ってからベルトを巻くだけの簡単ベスト風アレンジです。ウエストマークをローウエストに作ると、よりベスト風になりますし、ハイウエストに作るとトレンド感のあるスタイルになります。

 

 

ストール+ベルトの基本アレンジの上からコートを羽織るチラ見せコーデもおすすめです。ストール面積が広くないため柄物ストールも馴染みやすく、初心者さんでも挑戦しやすいアレンジになっています。

 

 

ベルト無しでもOK・簡単ベスト風アレンジ 

大判ストールであればベルトがなくても本格的な羽織りものアレンジができてしまいます。

正面から見るとゆったりとしたベストを着ているように見えるアレンジです。

 

1 大判ストールを半分に折ります。

 

2 さらにもう1回おります。

 

3 ふたつに折ったストールの端を結びます。

 

4 広げると、このような形になります。

 

5 出来上がった輪に手を通します。

 

6 完成!後ろから見ると、このようなスタイルになります。

 

無地などのシンプルなストールでも良いですが、少し大胆な柄を使ってみるのもおすすめです。このアレンジなら肩からストールがずり落ちて邪魔になることはありませんし、ベルトなど必要になるアイテムもありません。冷えがちな背中や腰部分が暖かい巻き方なのでオフィス使用もおすすめです。

 

ストールの素材によって上品な雰囲気になったり、リゾート感の強い雰囲気になるので、お手持ちのストールでぜひ試してみてください。

 

 

リゾート感のあるリラックススタイルも

大判ストールなら、リゾート感を感じるリラックススタイルのアレンジも可能です。

しめつけ感がなく、ふんわりと暖かいアレンジです。旅行先でちょっと羽織ってお出かけするのにはぴったりです。

 

 

1 ストールを肩にかけます。

 

2 ストールの端を後ろで結んで完成!

 

ワンピースはもちろんTシャツスタイルに合わせてもかわいく整うので、旅行先でちょっとしたアレンジとして楽しんでください。思い切って目を引く柄物ストールを使ってよりリゾート感を楽しむのも良いですよね。