ベルト使いでストール上級者になれるアレンジ○選

ベルト使いでストール上級者になれるアレンジ○選カシミヤストール専門店 Lity&co

ストールアレンジの中でもオシャレ度が高く、人気なのがベルトアレンジコーデですよね。ポンチョ風になので暑ければすぐに外せますし、体温調節にも簡単なアレンジです。

 

1本のベルトがあれば、これだけアレンジの幅が広がるオシャレコーデをいくつか紹介したいと思います。

 

 

簡単にアレンジ上級者になれる!ストール+ベルトアレンジ

大判ストールというのは大抵70cm×200cmのものです。160cmの女性であれば肩からかけて腰まですっぽり覆える大きなサイズになります。ストール+ベルトは、この大判サイズのストールを使用したアレンジです。

 

ストール+ベルト基本の巻き方

ストール+ベルトの基本アレンジは、ストールを肩に掛けてベルトで締めるだけの簡単アレンジです。細いベルトであれば上品に、太めのベルトであればカジュアルな印象にまとまります。

 

ストール+ベルトアレンジは前を開けてもいいですし、あえて前をクロスしてベルトを閉めるのもOK。ジャケットのようにトップスを少し見せたり、首元までぴったり閉めてしまうアレンジもかわいいですよ。

 

定番のチェックやエスニックはぽんちょ風アレンジと相性良し。意外と大胆な柄物を使ってもしっくりとくるコーデなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

コートを羽織ってチラ見せベルトコーデもあり!

アウターの代わりとしてストール+ベルトではなく、あえてコートの中のインナーとして忍ばせるのもおすすめ。チラ見せするストールはコートよりもワントーン強い色でまとめると、印象がすっきりとまとまります。

 

春先の温度調節にもおすすめですが、真冬の防寒にコートの中にプラスすると驚くほど暖かいので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  

ベルトコーデには着痩せ効果もあり

ベルトの色や柄、形次第で雰囲気がガラリと変わるストール+ベルトコーデですが、ベルトの太さや位置でも印象は簡単に変わります。

 

□太めのベルト

・カジュアルな印象

・着痩せ効果

・ボリュームダウン

 

□細めのベルト 

・フォーマルな印象

・上品さがあり大人っぽい

・足長効果

 

□ウエストマーク

・ハイウエストでフォーマル

・ローウエストでカジュアル

 

たとえばシンプルな柄のストールに太めのベルトを組み合わせると、視線を外してウエストが引き締まって見えます。太めのベルト+ハイウエストは流行ですし、モノトーンで合わせればモード系にもなりますよね。

 

ベルトの位置が低いとカジュアルに、高いとフォーマルな印象になります。細めの黒ベルトであれば、結婚式やパーティー使いとしても上品にまとまるでしょう。

 

 

ストール+ベルトでオシャレ上級者に

ただストールを羽織るだけのコーデより、ベルトをプラスするだけで簡単におしゃれ上級者の雰囲気になりますよね。使うベルトのデザインはどんなものでも合いやすいですし、アレンジ方法もすぐにマネできるほどに簡単です。

 

春夏はワンピースにプラスしても良いですし、カーディガンの代わりとして使うのもおすすめです。薄手のものならオフィスで使用するのも良いですし、フリンジのついたものなら折り返してもかわいいアレンジが完成しますよ。

 

もしもストールアレンジで迷った場合、手持ちのベルトをプラスして新しいアレンジに挑戦してみてくださいね。