ストールのブローチの留め具・ピンどう使う?留め方アレンジ

ストールのブローチの留め具・ピンどう使う?留め方アレンジカシミヤストール専門店 Lity&co

ストールアレンジの中には、ストールクリップや留め具、ブローチを使ったアレンジがあるのはご存知ですか?アクセントやポイントになるだけではなく、ピンで留めることによって動いても崩れず、肩からずり落ちないというメリットがあります。

 

アレンジの幅もぐっと広がるので、ひとつ持っているととても便利なストールの留め具。そこでブローチや留め具・ピンを使うストールアレンジをいくつか紹介したいと思います。

 

 

留め具やブローチを使ったストールアレンジ基本編

留め具やブローチを使う場合、それほど難しいアレンジは必要ありません。どれも簡単に実践できるものなので、お気に入りのピンがあればぜひ試してみてください。

 

パールピンはしっかり見せるアレンジ

 

パールピンなど留め具部分のチャームがしっかりしたものは、見せてこそのアレンジですよね。そんな時は肩からかけたストールを前で留めるアレンジがおすすめ。

 

パールの他にも、ディズニーキャラクターやアメコミキャラクターの刺繍ピンで留めるのもポップでかわいくまとまりますよ。

 

ベルトクリップがあればスヌードアレンジも簡単

ベルトタイプのクリップは、首元にボリュームを出したい時におすすめ。クリップで両端を留めるだけで簡単にストールがスヌードタイプになるため、動いても落ちてくることがありません。

 

もちろんスヌードタイプにアレンジしなくても、ストールに留めておくだけでもアクセントとしてかわいいですよね。

 

ブローチで留めればぽんちょ風に

ブローチやピンがあれば、ぽんちょ風アレンジも簡単です。方法は肩にかけたストールを左右対称に胸元で留めるだけ。肩から落ちる心配もありませんし、温度調整が簡単にできますよ。

 

モノトーンコーデでモード系にまとめても良いですし、エスニック系ぽんちょにまとめてもかわいいですよね。少し肌寒い季節にはもってこいのアレンジなので、秋口や春先におすすめのスタイルになっています。

 

 

ストールクリップを使うアレンジコーデ

ストールには専用の留め具である「ストールクリップ」というものがあり、これは両端がクリップのようになったものを指しています。ピンを指すことなく簡単にストールを挟むことができるので、こういったアイテムがあっても良いですよね。安価なものであれば500円ほどから販売されています。

 

基本の使い方は簡単で、肩に羽織ったストールを好きな場所で留めるだけ。ストールの色や素材を選ばず、どんなものにも付け替え可能なので、アレンジの幅が広がりますよね。

 

クリップになっているので、カシミヤやシルクなどの柔らかいストールでも生地を痛める心配がありません。もちろん留めた後、力まかせに引っ張ると生地を痛めるので気をつけてくださいね。

 

 

アレンジやストールのワンポイントにも

ピンや留め具、ブローチなどは、ストールを留めるために使うのが本来の使い方ではありますが「留める」ことにこだわる必要はありません。

 

ブローチであれば好きな場所にワンポイントとして付けることができますし、コーデによっては上品なパール系から大きめの花モチーフまで合わせることができます。上品にまとめれば結婚式にも良いですし、反対にカジュアルポップにまとめたい時はキャラクター系も相性の良いアレンジになっています。

 

もしもピンがない場合でも、シュシュを使ってストールをまとめるアレンジでも十分にかわいいので、ぜひ試してみてほしいと思います。