小顔に見えるストール選びの色やポイントは?

小顔に見えるストール選びの色やポイントは?カシミヤストール専門店 Lity&co

肌寒くなってくるとストールが活躍する季節がやってきますね。ストールは色の選び方や巻き方によって顔色をワントーン明るく見せてくれたり、小顔に見せてくれるアイテムです。秋冬は上手にストールを使って華奢見えを叶えてしまいましょう!

 

ストールで小顔見せを叶えるのには?

ストールでの小顔見せの基本は、顔まわりにボリュームのあるストールを巻くこと。ボリュームが欲しいので、ストールサイズは200cm×70cmの大判サイズがおすすめです。

 

巻き方のポイントとして、ふんわり感を意識すること。ぎゅっと縛ってしまうと野暮ったい雰囲気になってしまうので気をつけてくださいね。上半身にボリュームを出すスタイルなので、ボトムスはすっきりとまとめるのがおすすめです。

 

 

髪をアップにすると小顔効果は倍に

もっと小顔効果を出したい方は、髪をアップにして首元をすっきりさせるのがおすすめです。顔の輪郭をあえてはっきり出すことで、ストールの小顔効果を活かすことができます。

 

小顔効果の他にも、淡い色のストールを選ぶことで顔色がワントーン明るく見える効果もあります。落ち着いた色合いになりがちな秋冬コーデにプラスすることで、雰囲気も柔らかく感じますよね。シックなコーデに色を添えたい時にもおすすめです。

 

 

髪を下ろしたい時は、顔まわりに余裕を持たせると◎

ボブやショートカットの方、髪を下ろしたコーデを楽しみたい方は、顔周りに余裕を持たせる方法がおすすめです。

 

ストールは髪の下に巻くのではなく、髪の上から巻くのが正しい巻き方です。こちらの場合もぎゅっと縛ることはせず、ストールで顎を隠さないように巻きましょう。

 

目安として「顎とストールの間に指が4本入る」くらいが良しとされています。意識してふんわり巻いてくださいね。

 

 

大判ストールは上手に使えば小顔効果・顔色を明るく見せる効果・華奢に見せる効果・背を高く見せる効果など、いろいろなアレンジがあります。防寒だけではない使い方がたくさんあるので、ぜひ試してみてくださいね。