パーティーやドレスに羽織るおすすめのストール

パーティーやドレスに羽織るおすすめのストールカシミヤストール専門店 Lity&co

特別な日はやはり普段よりもオシャレを楽しみたいですよね。そんな結婚式やパーティー、二次会や特別なお呼ばれなどに使いたいのが便利に羽織れるストールです。


ワンピースやドレスにはボレロを合わせることも人気ですが、寒い時に羽織れることはもちろん、ひざ掛けとして使うことができるストールはやっぱり優秀です。そこで、ワンピースやお呼ばれ服にぴったりのおすすめストールを紹介したいと思います。

 

 

フェミニンワンピに羽織たいおすすめストール

 

淡い色のフェミニンワンピの場合、ストールにははっきりした色を合わせるのがおすすめ。水色よりも青、淡いピンクよりも濃いピンク、グレーよりも黒といったように、強い色を選ぶことで印象がぼやけません。

 

ワンピースが黒系や青系などの落ち着いた色合いであれば、白系やアイボリー、ベージュなどの淡い色を合わせて印象を和らげるのも良いでしょう。シルク系の光沢があるストールなら、上品さがプラスされてよりフォーマルな印象になります。

 

おすすめアレンジ・巻き方

フェミニンやガーリータイプのワンピースには、さらっとストールを羽織るだけでも十分にアクセントになります。アレンジが難しいと思う方は羽織るだけでもOK。前でゆるく結ぶ前結びも、簡単ですがフォーマルシーンにはぴったりの上品な結び方です。

 

 

パンツドレスに合わせたいストールと巻き方

レストランウェディングなどが増えてきた今、結婚式でもパンツドレス(パンツスタイル)の女性が増えてきましたよね。上下が分かれているものから、オールインワンタイプまで様々です。

 

  

黒やネイビーのパンツドレスの場合、ぱきっとした色合いを合わせるのがおすすめ。柔らかい色ではなく、原色系ではっきりと色を出すことでコーデの印象がまとまりやすくなるでしょう。王道の黒パンツスタイルの場合、白ストールを合わせるのもおすすめです。 

 

おすすめアレンジ・巻き方

パンツスタイル×ストールには、やはり背中で結ぶバックスタイル結びがおすすめ。前から見るとカーディガンを着ているように見えるのが特徴で、上品で大人っぽい印象を与えます。結んだ先が後ろにあるので、動きの邪魔にならないのもポイントです。

 

 

柄物ストールはもっと大胆に使いたい!

ワンピースやドレスが柄物の場合、無地のストールを合わせがちですが、もちろん柄×柄で合わせてもかわいいコーデは完成します。

 

せっかくの柄物ストールも、ただ羽織るだけではつまらないですよね。特別な日だからこそ大胆に使ってみたいもの。そこで柄物ストールの巻き方でおすすめなのがリボン巻きです。

 

おすすめのアレンジ・巻き方

リボン巻きの方法は簡単で、普段のちょうちょ結びをストールで行うだけです。きっちりと縛らず、ゆるく形を整えるのがコツ。もっと大人っぽくコーデしたい時は、両側ではなく片側だけリボンにする「片リボン巻き」にトライするのも良いでしょう。

 

このアレンジで気をつけたいのは、結婚式のマナーとして肩を出さないこと。かわいいリボン結びですが、肩が出るワンピースの場合はストールで肩を覆っておくのがベストです。

 

 

結婚式では避けるアイテムを知ってストールを選ぼう

結婚式のマナーも最近はずいぶんと寛容になってきました。とはいえ、あまりに羽目を外した格好はやはりマナー違反になってしまいますよね。

 

たとえば毛皮(ファー)のストール、きらびやかな大粒ラメのストールは結婚式では避けるべきアイテムです。大粒ラメはきらびやかではありますが、少し安っぽく見えてしまう場合があります。ラメ入りを使いたい時はラメの細かな物を選びましょう。その他にも秋冬だからといって厚手のストールを選ぶとカジュアルすぎる印象になってしまいます。フォーマルシーンの場合、やはり薄手のものを選ぶのが良いでしょう。

 

どんなストールを選ぶかでワンピースやドレスの印象は随分と変わります。マナーをきっちり守っておけば比較的自由に選ぶことができるので、それらを踏まえてお気に入りの一枚が見つかると良いですね。